【施工事例のご紹介】スタイリッシュなキューブ型に創意工夫を詰め込んだ家・後編(一宮市)

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

前回に続き、ケー・エイチ・ケーが手掛けた注文住宅、一宮市のN様邸をご紹介します。

【施工事例のご紹介】スタイリッシュなキューブ型に創意工夫を詰め込んだ家・前編

https://khk-house.co.jp/order/blog/230504-2/

■スタイリッシュかつメンテナンスフリーの外観

キューブ型の家に住みたいというのがN様のご要望でした。
スタイリッシュなデザインを実現するため外壁にはタイルを採用し、建物の正面となる北側は極力、窓を少なくすることに。
白い外壁にライトアップされたシンボルツリーが映える夜の外観も、住む人を楽しませてくれます。

デザイン性を高めるだけでなく、メンテナンス性も向上させたのがこの家。外壁タイルは耐久性に優れ、基本的には定期的な塗り替えの必要がありません。
軒がないため軒下の塗装も不要で、片流れ屋根にすることで掃除が必要な雨どいの数も少なくしました。シンプルな外観は、メンテナンスの面でもメリットがあります。

外壁材には「ナノ親水」タイルを採用しました。
軒がないと外壁の汚れが気になるところですが、このタイルは空気中の水分・雨水など自然の力をうまく使って汚れを防ぎ、きれいな外観を維持します。

■数々のアイデアを実現したインテリア

LDKには室内窓を取り入れました。
壁で空間を仕切りつつも、窓を設けることでつながりとアクセントを生みます。

キッチンのカウンター下、ヌック、寝室、洗面台横などさまざまな場所にあるニッチ。
写真や雑貨を飾ったり、日常生活で小物を置いたり、何かと便利なニッチは動線を遮らないのがメリットです。
操作パネルを一か所にまとめたスイッチニッチも。

洗面室は家族が2人並んで使えるよう、ワイドタイプを採用しました。
当初は別のメーカーの洗面台を希望されていたのですが、あまりに高価で予算が合わず、断念した経緯がありました。
そこで営業担当者も一緒にSNSで類似製品の情報を収集。
仕入れ先のご協力もあり、希望に近い商品を採用することができました。

■特殊な間取りでも耐震性を確保するために…

前回のブログでもお伝えした通り、リビングの圧倒的な天井高による開放感はこの家の特徴です。
一方、通常の建物とは構造が異なる部分があり、2階床の剛性力が下がってしまう懸念があったのも事実。
当初は耐震等級3が取得できない可能性がありましたが、プレカット部門のスタッフとも連携し、何度も詳細な打ち合わせを重ね、お施主様の要望を叶えた上で無事に耐震等級3の取得を実現しました。

■営業担当・南からメッセージ

素敵な住まいづくりをご一緒させていただきありがとうございます。
新しい家の住み心地はいかがでしょうか?
これから先、何年経っても愛着を持って過ごしていただける空間になっていることと思います。今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!