【施工事例のご紹介】勾配天井で開放感を。収納・動線にもこだわった平屋・前編(江南市K様)

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

自由度の高い設計・デザインの注文住宅を展開するケー・エイチ・ケー。今回は、施工事例の中から江南市のK様邸をご紹介します。

■勾配天井の素敵な空間

K様邸のリビングは平屋を生かした勾配天井の空間。開放感があり、実際の広さ以上に余裕を感じられるお部屋です。梁を見せた「現し(あらわし)」は、木のあたたかさと構造の力強さを感じられるのもポイント。オープンなフルフラットキッチンも、家具のように木目が映えるデザインを採用しています。

インテリア性の高さもさることながら、何よりも居心地の良さにこだわりました

テレビボードの左右にあるのは子ども部屋に続く扉。平屋の場合、廊下から各部屋につながることが多いのですが、家族のコミュニケーションを意識して、必ずリビングを通って出入りする間取りとしました。

子どもの服を入れる予定のリビング収納は、通風できるルーバータイプ。湿気がこもらないのはもちろん、見た目にもおしゃれな収納です。

■玄関も勾配天井!?

LDKだけでなく玄関も勾配天井としました。K様邸の玄関は北側に配置。棟違いの屋根の平屋なので、南側のLDKとは反対の屋根を活用した個性的なつくりです。玄関の天井は流行りのレッドシダー材で、シューズボックスの天板とも色を合わせて統一感のあるインテリアに仕上げました。

■水まわりの効率的な動線

K様邸は玄関ホールからリビングとキッチンにそれぞれ行き来できる回遊動線の間取り。家づくりの際は日々の生活動線を想像して、どうしたら効率よく動くことができるかという点を特に考えていらっしゃいました。

家事がキッチンまわりで完結するよう、水まわりをまとめて配置しているのが特徴で、洗濯物が多く室内干しを前提にされているためランドリールームも設置しています。

次回もK様邸をご紹介します!

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!