【施工事例のご紹介】誰もが安心して過ごせる二世帯住宅・後編(S様)

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

前回に続きケー・エイチ・ケーが手掛けた注文住宅、S様邸をご紹介します。

【施工事例のご紹介】誰もが安心して過ごせる二世帯住宅・前編


■動線と収納にこだわり

浴室と脱衣、洗面、トイレは建物の北側に直線で配置しました。脱衣室はLDKとつながっており、廊下側にも出られる動線がポイント。さらに、脱衣室には衣類乾燥機と可動棚を設置して、洗濯家事の時短につなげます。

広々とした玄関は、大型の土間収納を設けて収納力を確保しました。靴やブーツ、外で使うモノの収納に最適な可動棚はもちろん、ハンガーパイプも取り付けているため上着などをかけておくことも可能。花粉が飛散する時期など、上着をお部屋に持ち込みたくないときに便利です。

■1・2階それぞれの役割

二世帯住宅のS様邸は、1階に祖父の部屋、2階にご夫婦の部屋と子ども部屋があります。2階主寝室には大型のウォークインクローゼットのほか、ご主人の書斎スペース、小屋裏物入を設けています。

1階は祖父の部屋に横に洗面化粧台を設置。帰宅時、部屋に入る前に手洗いができるレイアウトです。

■重厚感のある総タイル外壁と寄棟屋根

重厚感のある外観デザインを演出するタイルは、その見た目もさることながら、生涯のメンテナンスコストを抑えられるのもメリット。S様邸はツートンカラー+玄関まわりにアクセントという総タイル張りにしました。

タイル外壁、屋根が4方向に向く「寄棟屋根」で外観は上質かつ落ち着いた雰囲気に。軒の出を深くして夏の日差しを抑える、「パッシブデザイン」の考え方も採り入れた家です。

S様、ありがとうございました!

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!