アイランド?ペニンシュラ?気になるキッチンレイアウトの種類と特徴

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

家づくりの際、楽しみの一つが住宅設備選び。その中でもキッチンは機能性が大切かつ間取りやインテリアへの影響も大。毎日使う場所だからこそ、じっくりと検討するようにしましょう。

今回は人気のキッチンレイアウトについてご紹介します。

■壁付けか対面か

キッチンのレイアウトは大きく分けると壁付けと対面の2種類があります。現在は対面のご要望が多数派。調理しながら家族とコミュニケーションがとれたり、小さなお子さんを見守ったりできるのが魅力です。

壁付けは限られたスペースを有効活用でき調理に集中できるのがメリット。LDKを広く使うことができますが、家族に背を向けることを気にされる方も多いようです。

■定番のペニンシュラキッチン

対面キッチンの定番となっているのがペニンシュラキッチンです。

ペニンシュラは「半島」の意味があり、左右どちらかが壁に接しているタイプのキッチンを指します。調理をしながらまわりを見渡すことができ、開放感がありながら実用的なキッチンです。コンロのまわりに壁やガードがあれば油ハネの対策は可能です。

■自由に動けるアイランドキッチン

アイランドキッチンも人気が高まっています。その名の通り「島」のように独立したキッチンで、ペニンシュラキッチン以上の開放感が魅力。ペニンシュラキッチンよりスペースを広くとる必要がありますが、回遊性があるため複数人で作業しやすいのがメリット。動きやすくて配膳や片付けがしやすくなります。

壁に接していないアイランドキッチンはスタイリッシュなデザインも多く、インテリアの中心として存在感を発揮します。

■機能性抜群のセパレートキッチン

セパレートキッチンは、シンクとコンロが分かれているタイプ。コンロが壁付け、シンクが対面というレイアウトが定番です。コンロとシンクは振り返るだけで移動できるため、作業動線が短くなり、調理の効率を高められるのがメリット。キャビネットが2つに分かれているため作業スペースが広くとれて、調理器具や食材、食器など複数のモノを置いても余裕があります。コンロを壁付けにすることで、ニオイや油ハネの心配も少なくなるでしょう。

ケー・エイチ・ケーのモデルハウスでは、セパレートキッチンを採用しています。お客様邸の完成見学会でもさまざまなレイアウトをご覧いただけますので、ぜひ実物を見て、動線や使い勝手をご確認ください。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!