リビングで顔を合わせてから2階へ。リビング階段がある間取り

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

間取りや動線の打ち合わせの際、リビング階段(リビングイン階段)についてご相談いただく機会もあります。今回はリビング階段のメリットや採用のポイントについてご紹介します。

■リビング階段のメリット

「リビングを通ってから2階の子ども部屋に行く間取りにしたい」

家づくりの中でお客様からは、このようなご要望をいただくことがよくあります。リビング階段のメリットはまさにここ。玄関ホールや廊下に階段がある場合、帰宅時には玄関からそのまま2階へ行くことができます。一方、リビングに階段があれば、帰宅時に必ずリビングを通るため、家族が顔を合わせる機会をつくりやすくなります。

子どもが大きくなって自室に直行してしまうのが不安という声もお聞きしますが、リビング階段であれば顔を合わせ、会話の機会も増えるのではないでしょうか

リビングを広く見せることができるのもリビング階段の魅力です。空間に広がりが生まれるほか、吹き抜けとの相性も良く、開放感を味わえるでしょう。

新たに階段スペースをつくる必要がないのもメリット。限られた敷地の中でスペースを有効活用する場合もリビング階段はおすすめです。

■リビング階段を採用する際に考えたいこと

リビング階段を設けることで、1階と2階につながりが生まれます。家族の気配を感じやすくなる一方、音やにおいが伝わりやすい点は留意しておきましょう。これを避けるためには階段の位置をキッチンから離したり、扉を設けたりするのも有効です。

また空間が大きくなることで冷暖房効率が落ちてしまう懸念もあります。冷暖房効率を高めるためには、断熱材や窓・サッシなどの性能を高め、建物の断熱性能を向上するのがポイント。高断熱の家であればむしろ、家の中の温度差がなくなりやすいつくりとも言えます。

■インテリアに合わせたリビング階段を

一口にリビング階段と言っても、さまざま仕様・デザインがあります。インテリアに与える影響が大きいポイントでもあるため、踏板や手すりの素材、レイアウトはじっくりと検討するようにしましょう。

ケー・エイチ・ケーではさまざまな実例も踏まえ、お客様のご要望に合ったプランをご提案しています。お気軽にご相談ください。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!