外壁材のスタンダード。サイディングの特徴を解説!

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

建物の外観の印象を左右する外壁材。家のデザインを考える上で大きなポイントとなる外壁材にはさまざまな種類があります。新築住宅の中でも採用率が高いのが「サイディング」です。ケー・エイチ・ケーでは、これまでにご紹介したタイルやALCパワーボードのほか、外壁材のスタンダードであるサイディングも取り扱っています。

デザイン性と耐久性が魅力のタイル外壁。実はトータルコストがお得!?
高性能外壁材「パワーボード」の魅力とは?・素材編

■そもそもサイディングとは?

サイディングとは、外壁に張って使用する仕上げ板材の総称で、サイディングボードとも呼ばれます。サイディングは、工場生産のパネルを現場で施工し、材料に水分を含まないため乾式工法の一種とされています。その一方、モルタルや漆喰は現場で材料を混ぜ合わせて塗るため、湿式工法と言います。

乾式工法は製品として品質が均一な上、工期が短くなるのがメリットで、湿式工法は独特の風合いがある外観デザインが実現するのが魅力です。

■サイディングの種類

サイディングには窯業系・金属系・木質系・樹脂系と4種類あります。

窯業系:セメント質と繊維質の原料を使用して、窯(かま)で仕上げたサイディング
金属系:ガルバリウム・アルミニウム・ステンレスなどの鋼板を使ったサイディング
木質系:天然の木を使用したサイディング
樹脂系:塩化ビニル樹脂を使い成型したサイディング

素材によって特徴が異なるサイディングですが、「外壁はサイディング」と言うと、窯業系サイディングを指しているのが一般的です。一方、金属系のガルバリウムも採用率が高く人気の外壁材で、こちらは「外壁はガルバリウム」と言うケースが多いです。

■窯業系サイディングのメリット

メジャーな外壁材である窯業系サイディングは、デザインの豊富なラインナップが大きな魅力です。レンガ・タイル・木目・石など、さまざまな柄があり、幅広い外観テイストが実現可能。防火性能に優れている上、耐久性が高く、湿式工法の塗り壁と比べると汚れがつきにくいのもメリットです。

製品の種類が豊富であり、他の素材や工法に比べて安価に仕上げられるのも特徴です。ただし、コストを抑えるために薄い製品を選ぶと、長期間の直射日光により反りが発生するリスクがあるほか、見た目がチープな印象になりがちです。

窯業系サイディングは、ある程度の厚みがある製品を選ぶことで、耐久性が高くなり、凹凸があって高級な外観デザインが実現します。

(↑外壁左側:窯業系サイディング 外壁右側:金属系サイディング)

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!