家づくりで大切な資金計画。トータル費用を意識しましょう

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

家づくりの際は、確実に資金計画を立てることが大切。お客様には無理なく住宅ローンを返済しながら、夢のマイホームで幸せな暮らしを送っていただきたいと考えています。

資金計画を立てる際、意識していただきたいのがトータル費用です。

■3項目に分けられる費用

マイホーム購入には大きく分けて3項目の費用が必要です。

1.本体価格
住宅会社の広告などで坪〇〇万円と表現されている部分です。基礎、構造躯体、内装、住宅設備など建物にかかる費用で、全体の大部分を占めています。

ただマイホームは、この建物価格だけではないのが「トータル費用を意識」してほしい理由。つまり、坪○○万円だけを見てマイホーム購入の費用をイメージすると、想定以上に費用が膨らみ、資金計画がうまくいかない懸念があるということです。

費用が膨らむ要素となるのが残り2項目。

2.別途工事・付帯設備費用
地盤調査・地盤改良、ガス、給排水など、新居を建てるための建物以外の工事費用です。建物以外という意味では外構工事もその一つ。カーポートなど、大型のエクステリア製品が含まれる場合は、その分金額も上がります。

3.諸費用
登記するための費用や住宅ローンの手続きの費用です。建物によって大きく変動する部分ではないため、最初からある程度は見込んでおくことが可能です。新居での暮らしを考えると、家具や電化製品、引っ越しにお金がかかる点も忘れないようにしましょう。

■総予算計画書

ケー・エイチ・ケーではプラン提案の際、総予算計画書をお渡しします。本体価格以外の別途工事・付帯設備や諸費用も見込んだ金額をご提示するため、資金計画が立てやすくなります。

■住宅会社にローン相談するメリット

ケー・エイチ・ケーでは住宅ローンに関するご相談も承っています。本体価格のほかにかかるさまざまな費用を把握しているため、お客様のご予算とご要望を踏まえた上で、最適な計画を一緒に立てていくことができます。

資金計画に関することも、ケー・エイチ・ケーの注文住宅事業部にお任せください。ワンストップで相談できるスタッフがお客様に寄り添ってアドバイスします。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!