家づくりの新定番。ランドリールームのメリット・デメリットとは?

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

ご家族のライフスタイルに合わせて間取りを自由にプランできるのが注文住宅の魅力です。プランの際はお客様のご要望やこだわりを入念にヒアリングするのですが、最近リクエストが増えているのが「ランドリールーム」。今回は家づくりの定番になりつつあるランドリールームについてご紹介します。

■ランドリールームってどんな場所?

ランドリールームは洗濯に関する家事を行うための場所です。家事の中でも洗濯の負担が大きいと感じている方は多く、だからこそ一連の作業を効率化できるのがランドリールームが人気を集める理由。洗濯機、乾燥機、アイロン台(カウンター)、物干し竿(室内干し金物)、収納棚などを設けて、洗濯家事をまとめてできるようにします。

ランドリールームが増えている背景には、共働き家庭の増加もあるようです。家事に時間をかけられない上、日中は家を空けているため外干ししにくいというお悩みは、ランドリールームが有効です。

建物の面積に余裕があれば、洗面や脱衣とは別にランドリールームを設けることもできます。ただ、限られた間取りの中でスペースを確保することも多く、洗面脱衣室とランドリールームを兼ねたつくりにする家もあります。

■ランドリールームのメリット

・家事効率がアップ
ランドリールームは重い洗濯物を持ち運ぶ移動の手間をなくします。1階の洗濯機から2階のベランダに運び、取り込んだ後はたたんで各部屋に収納という従来の動きがなくなり、全て一カ所にまとめられるため、時短につながり、家事の負担を大幅に減らせるでしょう。

・室内干しで天気・外気の悩みが不要
室内干しは天気が関係ないところがメリット。外出時の急な雨を心配する必要もありません。天気だけでなく花粉や黄砂、PM2.5も外干しのお悩みですが、室内干しであればこれらが衣類に付着することもありません。

・来客時のプライバシーに配慮
リビングなどの目につく場所の室内干しは、来客時に困るという声もあります。ランドリールームがあれば急な来客時に洗濯物を隠す必要がなくなります。洗面室で手洗いをする家の場合、洗面とランドリールームは分けて、独立したランドリ―ルームまたは脱衣室と兼用のランドリールームとするのが良いでしょう。

■ランドリールームのデメリット

・コストが上がる
床面積が増える上、電気配線や内装工事も必要となるため建築コストが上昇します。

・独立した部屋での家事
独立した空間で家事を行うため、一人で作業するのを寂しく感じる方には不向きかもしれません。

最近は室内干しメインで2階のベランダやバルコニーを設置しない家もあり、その場合はコストを抑えることが可能です。

また最近は、個の空間を大切にするのも家づくりのトレンド。家事室やユーティリティルームとして幅広い用途に使えれば、より暮らしやすさを感じる間取りとなるでしょう。

次回は、ランドリールームをつくる際のポイントや実際につくった方の感想などをご紹介します。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!