家づくりQ&A:注文住宅と規格住宅の違いとは?

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

家づくりをご検討中の方から質問をいただくことが多い点について、家づくりのプロ、ケー・エイチ・ケーのスタッフがお答えします!

今回は注文住宅と規格住宅の違いについて。

■注文住宅と規格住宅は何が違う?

注文住宅は間取りやデザイン、仕様、住宅設備などをイチからプランする家のことです。
ご自身のこだわりを詰め込めるのが魅力で、設計段階から打ち合わせて、世界で一棟だけのオリジナル住宅が実現します。

注文住宅の中にもフルオーダーとセミオーダーがあります。
フルオーダーは文字通り、全てを自由に決める家(もちろん建築基準法に適合する必要はあります)。
セミオーダーは、間取りやデザインは自由に決められる一方、仕様や住宅設備などは決められた範囲から選ぶことが多いようです。

これに対して規格住宅は、建物のパーツをカタログから選んでいくイメージ。一般的にはセミオーダーに比べて選択肢は狭くなります。実際には住宅会社によって自由度が違うと言えるでしょう。

建売住宅と比較する場合は、規格住宅も注文住宅の一部として扱うこともあります。完成品を買う建売住宅と比べると、規格住宅も自由な設計を楽しめる家づくりですね。

■ケー・エイチ・ケーはフルオーダーの注文住宅

ケー・エイチ・ケーでは、フルオーダーの注文住宅をご提供しています。
住宅会社によってはフルオーダーとはいえ商品ラインナップがあり、建物の標準仕様がはっきりと決められている場合もあります。この場合、標準仕様ではないものを選ぶとオプション扱いとなり、追加料金が発生することも考えられます。

ケー・エイチ・ケーが標準仕様として取り決めているのは工法や基礎、材料など、家の構造の基本となる部分のみ。
安全・安心の頑丈な家を前提に、お客様に合わせた本当の意味で完全自由設計の家をご提案しています。

お客様のこだわりを詰め込み、理想の暮らしを追求できるのがケー・エイチ・ケーの家づくりです。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!