快適な暮らしに欠かせない断熱材。代表的な工法・種類をご紹介!

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

夏すずしく、冬あたたかい住空間をつくるためには欠かせないのが「断熱」です。断熱性を高めるためにはさまざまな方法がありますが、断熱材はその中でも重要な役割を担う建材。今回は断熱工法と断熱材の種類についてご紹介します。

■なぜ断熱が重要?

建物の断熱性を上げることで、外気の影響を受けにくくなり一年を通して快適な室内を実現させることができます。室内の熱を逃がしにくくなるため、空調の効率が高まるのもメリット。省エネで電気代やガス代の削減にもつながります。

高断熱の家はまた、部屋ごとの温度差が小さくなるため、冬場に発生するヒートショックのリスクも低減します。さらに結露を防いでカビ・ダニの発生も抑制。断熱性の向上は、住む人にも建物にも多くのメリットがあります。

住宅の断熱基準が引き上げられるなど、建物の断熱性は今後ますます重要視される見込みです。

■内断熱と外断熱

断熱工法には大きく分けて内断熱(充填断熱)と外断熱(外張り断熱)があります。

内断熱は断熱材を柱や壁の隙間に敷き詰める工法。さまざまな断熱材を使うことができ、工事費用も抑えられるのがメリットです。外壁への影響がなく、どのような条件の土地でも施工が可能。一般的な断熱工法のため、技術面でも確立されています。

外断熱は建物全体を覆うことができますが、その分、施工が大がかりとなり費用もアップします。気密性が高まるメリットがある一方、外壁が厚くなるため、土地や外観デザインには制限が出てきます。

■発泡ウレタンとグラスウール

ケー・エイチ・ケーでは主に、内断熱を採用しています。断熱材は発泡ウレタンかグラスウールを使用。それぞれの断熱材は、以下の特徴があります。

発泡ウレタン
防水性・断熱性の高さが特徴の発泡ウレタン。板状のタイプと現場で吹き付けるタイプがあります。吹き付けでは、液体を霧状にして散布すると、その液体が発泡・硬化してスポンジ状に変化する素材を使用しています。無数の細かい気泡に空気を留めて断熱性能を高めます。吹き付け断熱は細かな隙間にも断熱材が行きわたるので、気密性も向上します。

グラスウール
ガラス繊維でつくられた綿状になった断熱材です。断熱性はもちろんのこと、耐火性が高い点がメリットで、コストパフォーマンスにも優れています。一方、グラスウールそのものは湿気に弱いため、適切な防湿処理をすることが大切です。

断熱にはさまざまな方法、考え方があります。ケー・エイチ・ケーではお施主様のご要望やご予算に応じて柔軟な対応が可能。断熱について気になることがある方も、お気軽にご相談ください。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!