自由な間取りが実現しやすい在来工法(木造軸組工法)

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

住宅建築にはさまざまな工法があります。
「在来工法」「ツーバイフォー工法」「鉄骨」「RC」などの言葉を見聞きしたことがある方も多いのではないでしょうか。
ケー・エイチ・ケーが採用するのは在来工法。
木造軸組工法とも呼ばれ、日本の伝統的な工法を改良・発展させた建築方法です。

■在来工法の特徴

在来工法(木造軸組工法)では、コンクリートの基礎の上に柱と梁(はり)を組んで家の骨組みをつくり建物を支えます。
柱と梁を組んだ後に屋根を張り、壁を取り付けるのが建築の流れ。
地震や風などから建物を守るために、木材を斜めにわたす筋交い(すじかい)や構造用合板による耐力壁を用いるのも特徴です。

在来工法は古くからある木造住宅の工法で、神社・仏閣や古民家などでも採用されてきました。
現在も国内の多くのハウスメーカーが取り扱っており、日本で最も普及している木造住宅の工法です。

実は木は熱を伝えにくく、火災が発生しても燃えにくいという特性があります。
仮に木の表面が燃えても炭化して層になることで内部への燃え広がりを防ぐため、木造住宅は防火性能が高いと言えるのです。

■在来工法のメリット

さまざまな工法がある中、下記のメリットがあるからこそ私たちは在来工法を採用しています。

・設計の自由度が高い
柱や梁などの部材が独立しているため設計の自由度が高く、さまざまな間取りの家を建てられます。
強度が確保されていれば、大空間の家も実現しやすいでしょう。

・大開口が取れる
柱と梁で建物を支えるため、開口部を広くすることが可能です。
開放的なLDK、内と外が自然につながるアウトドアリビングにも最適ですね。

・リノベーションしやすい
レイアウトの自由度が高いため、増築や改築などの大規模リノベーションにも柔軟に対応できます。
家族構成やライフスタイルの変化に応じて、住みやすい家づくりができます。

■構造の隅々まで知りつくしたケー・エイチ・ケー

ケー・エイチ・ケーは自社プレカット工場があるからこそ、在来工法の構造や使われる部材を知り尽くしています。
この工法のメリットをご理解いただいた上で、数ある在来工法の家の中でも、強くて安全・安心な家づくりは、ぜひ私たちにお任せください!

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!