高性能外壁材「パワーボード」の魅力とは?・性能・メリット編

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。
100年前に開発され、世界中で使われている「ALC」という素材を用いた外壁材「パワーボード」。前回に続き、パワーボードの魅力に迫ります。今回は具体的な性能やメリットについてご紹介します。

■強さと防火性に優れた外壁

一般的なサイディングの2倍以上の厚みがあるパワーボードは、圧倒的な防耐火性能を有しています。注意しても完全には防げない火災に対して強さを発揮するのは、外壁材の重要な役割。パワーボードはさまざまな仕様で防耐火試験をクリアしているほか、遮熱性にも優れているため、類焼(よそから燃え移って焼けること)から構造体を守ります。

住宅街で隣家が迫っている場合などにもおすすめの外壁材です。

■外壁で断熱性を高める

建物の断熱に影響するのは断熱材や開口部(窓など)だけではありません。一年を通して快適な室内空間を生み出し、ヒートショックを予防する高断熱の家は、外壁材の断熱性も重要。パワーボードはサイディングやモルタルよりも高い断熱性を発揮し、快適な住まいを実現します。

静かな暮らしにもつながるのもパワーボードのメリット。パネル表面が音を反射するとともに、内部の気泡が音の伝わりを吸収して高い遮音効果を発揮することで、外部の音を低減できます。

■60年以上の高耐久

適切なメンテナンスを行えばパワーボードの耐久性はなんと60年以上。親子2世代で住み継ぐ家や、高齢になってからの暮らしも安心が続きます。

メンテナンスは塗り替えとシーリング材が基本。一般的な外壁材は10年に1回程度の塗り替えが必要とされていますが、純正塗料を使用したパワーボードは15年に1回程度で適切な状態をキープできます。メンテナンスの頻度が少ない分、ランニングコストの負担も抑えられますね。

■木造住宅でコンクリートの雰囲気

37mmの厚みがもたらす深い彫りは、外観に独特の重厚感を与えます。木造住宅でありながらコンクリートの質感を演出できるのもパワーボードの魅力。多彩な質感と純正塗料のカラーラインナップを組み合わせることで、上質かつオリジナリティに溢れた外観デザインも可能です。

ご興味がある方は、ケー・エイチ・ケーまでお問い合わせください。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!