自社プレカット工場があるケー・エイチ・ケー。一般の住宅会社との違いとは!?

こんにちは、ケー・エイチ・ケーです。

ケー・エイチ・ケーと他の住宅会社との大きな違いは、自社のプレカット工場があるところです。

建築用の木材をあらかじめ工場で切断・加工するプレカットは現在、在来工法(木造軸組工法)で建てる家のほとんどに採用されていますが、多くの住宅会社はプレカット工場から木材を仕入れて自社の家を建てています。

ケー・エイチ・ケーは社内に注文住宅・プレカット両方の事業部があるのが最大の特長であり、強みでもあります。

■全国初の認証プレカット工場

ケー・エイチ・ケーは1984年、農林水産省より日本で初めての木造軸組在来プレカット工場「AQ認証(品質保証)」(※)を取得しました。
全国に先駆けてプレカットの取り組みを進めたからこそ、木材を扱う多くのノウハウが蓄積され、幅広い住宅会社から信頼を得ております。

※AQ認証
AQは「Approved Quality」の頭文字で、優良な木質建材に対する認証制度。
現在は公益財団法人「日本住宅・木材センター」が品質性能などについて客観的に評価・認証を行う

一般社団法人全国木造住宅機械プレカット協会のホームページによると、同協会の正会員は58社(2022年10月1日現在)。
このうちAQ認証があるのは30社、愛知県のプレカット工場として登録されているのは当社を含む2社のみです。

■自社プレカット工場があるメリット

住宅会社とプレカット工場が一体になっていることで、お客様にとってもさまざまなメリットがあります。

・コストを抑えられる
住宅建築に使う木材を他のプレカット工場から仕入れる必要がないため、中間マージンがカットできます。自社の木材を使用することで建物価格を抑えられます。

・頑丈な建物を建てるノウハウがある
ケー・エイチ・ケーのプレカット事業部は、ハウスメーカーや分譲住宅会社、地場工務店など、多くの住宅会社とお付き合いがあります。さまざまな会社が建てる家の構造や木材の仕様に対応してきたからこそ、木材を扱うノウハウが蓄積していて、より良い木材を使った頑丈な家を建てることが可能です。

・自宅に使う木材を把握できる
通常、建築現場で初めて木材を見るという方も少なくありません(中には木材を見ることなく建物が完成というケースも…)。ケー・エイチ・ケーは木材にこだわり、自社で扱う木材に自信があるからこそ、建築前に木材や加工の状況を実際に見ることができます。マイホームを構成する木を事前に把握できるのは大きな安心につながるのではないでしょうか。

■工場見学できます!

家づくりをご検討中の方には、ケー・エイチ・ケーのプレカット工場をご見学いただけます。
最新のプレカット機械を使った加工の様子や広大なストックヤードは一見の価値あり!

ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

LINE インスタに登録していち早くイベント情報をGET!